W211の良くある故障例

20251504_200206.jpg

メルセデス・ベンツ Eクラス (W211)
2002年6月~2010年2月
平成14年6月~平成22年2月

V6&V8エンジンのタペットオイル漏れ。
yoku21003.jpg V6&V8エンジンはフロントメクラカバーや、オイルフィルターケース回り、タペットパッキンからのオイル漏れが非常に多いです。工賃が安く済みますのでできればスパークプラグの交換をお勧めします。
エンジンマウント、ATマウント。
yoku20302.jpg 特にエンジンのかけ始めの車体のゆれが大きくなってきます。 ATマウントと同時交換をお勧めします。
足回り異音。
yoku20302.jpg プルリンクアーム、スプリングリンクアーム、ボールジョイント、スタビロッドなどの 劣化によりコキコキとか、コトコトなどの音が出てきます。 出来るだけ左右フルセットでの交換をお勧めします。
V8エンジンのATクーラーからAT内部への水の混入。
yoku20302.jpg V8エンジンのラジエター製造メーカーがバレオと言うメーカーなのですが、 ラジエターとATクーラーを兼用しており、ATクーラーよりAT本体へ水が入ると言うケースが 非常に多いです。 水が混入すると変速異常、スベリ、ショックなどの症状が出て、ディーラーさんでは ATをASSY交換、ラジエター交換など120万円以上コースとなります。 ATの状態などによりますが、オーバーホール&ラジエター交換で修理可能です。
ステアリングの異音。
yoku20302.jpg ハンドルを切るとキュッ、キュッなどの音が出る事が有ります。 それもかなり頻繁に! これはステアリングギアBOX(ステアリングラック)のシール類などのこすれに よるものが多く、オーバーホールやASSY交換となりますが、 音が出るだけで使用にあたり、そんな重大なケースは見たことが無いので 問題ないと思いますが、絶対ではないのでご心配であれば、ご相談下さい。